日本人のスキンケアは乾燥肌&敏感肌のもと

面白い実験があります。

ロレアルリサーチ&イノベーションの研究チームが行ったスキンケアに関する実験で、日本式のスキンケアをフランス人女性に1か月続けてもらい、 逆に日本人女性にはヨーロッパ式のクレンジングと保湿だけというケアを1か月続けてもらった場合、肌の状態がどう変わるか?というのがその内容です。

この前代未聞の「重ね塗りをする日本式のスキンケアvsヨーロッパ式シンプルケア」で実験の参加者の肌の状態は1カ月でどう変わったと思いますか?

なんと、日本式スキンケアを行ったフランス人女性は敏感肌になり、逆に日本人女性で敏感肌だった人それが改善されるという結果になりました。∑( ̄Д ̄;)

この実験からもわかるように、日本式のステップ数の多い重ね塗りをするスキンケアは、肌にいいどころか逆に肌に負担になって肌のバリア機能を壊し、 乾燥肌や敏感肌の原因になっている可能性が高いんですね。

「頑張ってスキンケアするほど美しくなるどころか肌の状態は悪化してしまう。」

この事実に気づきだした一部の女性達の間でひそかに広まっているのが宇津木式スキンケアや 肌断食といった何もつけないスキンケア、そしてガッテン塗りといわれる重ね塗りしないシンプル保湿ケアです。

メークやスキンケアのメリットとデメリット

ほとんどの女性は、高校を卒業するのと自然とメークをするようになり、それと同時に毎日のスキンケアというのが毎日の習慣として生活のなかに組み込まれていきます。

メークをすることのメリットは、メイクで自分の印象を変えたり、かわいくみせられますし、コンプレックスを隠すことができることでしょう。 保湿化粧品のランキングサイトを見ながらの化粧品選びも楽しいですし、心や気分を明るくするといった心理的な効果もあるので一度楽しさを覚えてしまうともう手放せなくなります。

ただ、楽しいものではあるけれど肌にとっては悪いものということは、メークをするようになって肌トラブルが増えたり、落とさずに寝たら肌が大変なことになったという経験から誰もが思い知ることになると思います。

そして30代ぐらいからは目に見える老化現象を認識し、今度はキレイや若さを維持するためにスキンケアにお金と手間をつぎこむことになります。

化粧品メーカーの宣伝の影響もありますが、ここからはもう若さと美への執着から「肌に何かを塗ってないと不安で仕方ない」という強迫観念にとりつかれる人もでてきます。そしてさらに過剰なスキンケアへと駆り立てられてしまいます。

過剰スキンケアの洗脳を解く!

これまでのスキンケアの常識にどっぷり浸かっている人ほど「何もしない肌断食や極力ステップ数を減らすシンプルケアほど肌にいい」という考えには抵抗があると思います。

もちろん何もしない、化粧品を使わないスキンケアも数ある美容法の1つということで絶対100%の方法ではありません。ただ、今やっているスキンケアで肌の状態がよくなる気配がないとか、 疑問を感じているというのであれば、思い切ってこれまでのスキンケアの常識を打ち破ってみるというのも1つの考えだと思うんです。

これまで通り、しっかりスキンケアしたほうがいいのか、それとも何もつけないスキンケアへと舵を切ったほうがいいのか?女性にとっては大きな選択だと思います。

当サイトとしてそんな女性の今後の美容方針を決めるといっても過言ではない重大な選択に参考になる情報を掲載しているつもりです。是非くまなくサイトをチェックしていってくださいね。

何もつけないスキンケア【最新流儀】 コンテンツ一覧

宇津木式スキンケア&肌断食について

シンプルな保湿ケアについて

宇津木式スキンケアQ&A

スキンケアの理解を深める知識

サイトメニュー一覧