男性のほうが肌はきれい!?

男性と女性ではどっちのほうが肌がきれい!?

皮膚には男女がありますし、日々のお手入れにかける情熱も時間も雲泥の差がありますよね。はたしてどちらの肌のほうがきれいなんでしょうか?

男性と女性の肌の違い

スキンケアは何もしない、あるいは極力しないほうがいいなら女性よりスキンケアに無頓着な男性のほうが肌はきれいなはずです。

それについては後で詳しく解説するとして、その前に、ここで一度、女性の肌と男性の肌の違いについて説明しておきます。

基本的な皮膚の構造や肌のうるおいが保たれる仕組みなどは男女で差はありません。ただ、微妙に違うところがいくつかあります。

● 男性のほうが女性よりも一般的に皮膚が厚い
● 男性のほうが皮脂の分泌量が多い(女性のおよそ2.5倍)
● 女性のほうが水分量は多い
● 女性には閉経という肌に影響を与える大イベントがある

皮膚が薄いほどキメが細かく柔らかく、見た目にはキレイに見えますが肌ダメージは受けやすくなります。男性の皮膚は厚いのでキメが荒く、硬いですがダメージには強いです。 そのため紫外線の影響や加齢変化が早く肌に出やすいのは女性です。

それから男性は皮脂が多いせいで肌表面が常にヌメっているのでそれほど乾燥を感じるということがありません。実際は肌の水分量は女性の半分といわれているので かなり乾燥しやすいんですが、実感があまりないんですね。逆に女性は皮脂が少ない分、肌の水分量が減ってくると強烈に乾燥を覚えます。

男性も加齢によって皮脂量は減ってきますが、減少カーブがなだらかなので50代60代になってもあぶらぎっしゅな人は多いです。一方の女性はただでさえ皮脂が少ないところに 40代になって女性ホルモンの減少や閉経が重なるのでガクンと落ち込みます。

男女ともに肌はボロボロです。

女性はいわずもがな、よかれとやっている毎日のスキンケアやメイクのせいで肌がどんどんダメージを受けるので、どんどん老化が進みます。

男性は男性で紫外線に無防備だったり、ゴシゴシ顔を洗ったり、髭剃りで毎日角質層を削り取るなど、肌ダメージについて無頓着なのでこれはこれで肌状態を悪化させますし、肌老化の要因になっています。

つまり、女性も男性もどっちも肌はボロボロだということです。ただその理由が女性は【過剰なメイクやスキンケア】、男性は【無頓着】という違いがあるだけなんですね。

やりすぎてもやらなすぎても両極端なスキンケアはダメってことです。

「スキンケアの理解を深める知識」に関する記事一覧

髪も体も洗わないのが一番いい!?

顔がそうであるなら髪も体もこすらない、洗いすぎない、何もつけないというケアが一番いいはずです。それって本当にできますか?

規則正しい生活習慣が大前提

どんなスキンケアをするのであれ、その土台には毎日の生活習慣があります。ここを疎かにすればどんなお手入れも徒労に終わります。